人気のマザーズバッグブラントとおすすめバックを紹介

マザーズバッグ

赤ちゃんが生まれて赤ちゃんと一緒に外出するようになると荷物も、着替え・オムツ・哺乳瓶など今までひとりで外出していた時とは持ち歩く物も量も違ってきます。
そんな時マザーズバッグがあれば赤ちゃんとの新しい生活も便利に楽しく過ごせるでしょう。

マザーズバッグとは

まず、マザーズバッグとはどういうバッグなのか?赤ちゃんのお世話がしやすいように、荷物が沢山入り、軽量で、整理しやすいように作られたバッグの事です。

マザーズバッグの必要性について

赤ちゃんと外出する際に必要なお出かけグッズは、ミルク類・おむつ・授乳ケープ・着替え・おしゃぶり・おもちゃ類・母子手帳・抱っこ紐・離乳食セットなど、月齢によって持ち歩くアイテムも変わってきますが、こんなにも沢山持ち歩かなくてはなりません。
マザーズバッグは、軽量、収納の仕切りの多さ、おむつ替えシート付き、ベビーカーにかけるフック付きなどさまざまな機能のついたタイプがあります。沢山の荷物も整理して取り出しやすく1つ持っているだけでママをサポートしてくれるでしょう。

マザーズバッグの種類と時期

大きいトートバッグ・・・まだ赤ちゃんが小さく荷物が多い、また車の移動が多い方におすすめ
ショルダーバッグ・・・抱っこの時期におすすめ
リュック・・・歩き始めてからは両手があくのでおすすめ

それでは、実際どんなマザーズバッグがあるのか紹介していきますので参考にしてみてください。

ティアティアマザーズバッグ

価格・・・・15876円
サイズ・・・幅48㎝×マチ16㎝×高さ30㎝
リボンが可愛い、500gと軽量のマザーズバッグです。デニムの風合いですが、高級ポリエステルを使用し撥水加工してあるのでお手入れも簡単。ショルダーストラップと哺乳瓶ケースとオムツ替えマット付きです。
大容量でポケットが7つ付きで収納しやすいです。

多機能3WAYマザーズバッグ

価格・・・・3980円
サイズ・・・幅40㎝×マチ20㎝×高さ36㎝
リュック・ボストンバッグ・ショルダーバッグと3WAYになるマザーズバッグです。ポケットは7つでフロントポケットには哺乳瓶や子供マグなど3本入れられます。オムツシートは取り外しでき洗濯もできます。
価格も3000円台とお求めやすいです。

ファムベリー マザーズバッグリュック マザーズバッグ

価格・・・・9694円
サイズ・・・幅30㎝×マチ10㎝×高さ35㎝
リュックとショルダーの2WAYタイプのマザーズバッグです。
リュックの時はサイドファスナーで背負ったまま荷物を取り出すことができ、リュック時のわざわざおろす手間がかかりません。テフロン加工で水性・油性の汚れに強い生地です。
背負った時にストラップの長さが46㎝から81㎝まで調節できるのでパパも使用できます。

Perkisboby マザーズバッグ ママバッグリュック

価格・・・・2899円
サイズ・・幅41.4㎝×マチ6.8㎝×高さ33.6㎝
価格が比較的安価で機能重視のマザーズバッグです。リュックの中は沢山の仕切りが付いていてフロントポケットやリュック両側にも
哺乳瓶やマグなど何本も収納できます。
ベビーカーに掛ける事もできます。

ケイトスペード マザーズバッグ 2WAYトートバッグ

価格・・・・26800円
サイズ・・幅30~50㎝×マチ14㎝×高さ31㎝
ケイトスペードの洗練されたおしゃれなマザーズバッグです。両側のサイドのポケットには哺乳瓶やペットボトルを入れることができます。また付属品にななめ掛けできるショルダーストラップ、おむつ替えシート付きでマザーズバッグとしても完璧ですが、シンプルなデザインなので普段使いとしても大活躍します。

吉田カバンPORTER GIRL BULBトートバッグL

価格・・・・25920円
サイズ・・幅58㎝×マチ29㎝×高さ36㎝
人気のポーターのマザーズバッグは軽量で大容量です。作りもしっかりしているので長く使えます。男女問わずパパも気軽に持てます。

コーチ マザーズバッグ

価格・・・・32800円
サイズ・・幅35~50㎝×マチ18㎝×高さ30㎝
レザー素材のコーチのマザーズバッグです。
ショルダーストラップ付きの2WAYタイプ。オムツ替えシート付きです。
内側にはポケット6つ外側に3つと沢山あり収納力抜群です。マザーズバッグとして使わなくなった後もそのまま使えます。

今回は低価格の物から有名ブランドまで7種類のマザーズバッグを紹介しましたがいかがでしたでしょうか?
ママと赤ちゃんの外出が少しでも快適に楽しくなるように、お気に入りのマザーズバッグ
を選んでみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です