回転式から安全性抜群のチャイルドシートを厳選して紹介

チャイルドシート

出産後病院を退院する際、車で生まれたばかりの赤ちゃんを乗せる時にまず必要なのが、チャイルドシートです。平成12年4月の道路交通法の改正により法律でチャイルドシートの使用が義務付けられました。
ここでは、チャイルドシートの着用年齢、種類、選び方などを紹介します。

チャイルドシートの使用義務年齢

道路交通法では、6才未満の幼児が対象です。違反をすると罰則・罰金はありませんが、交通違反点数が1点減点となります。
お子様の命を守るチャイルドシートは必ず着用しましょう。

チャイルドシートの種類

①ベビーシート
・新生児から乳幼児
・1か月から1才頃まで
・体重は13㎏未満で身長70㎝以下
新生児から使用できるベビーシート、シートは後ろ向きと、ベッドのようにフラットに近い横向きがあります。
②チャイルドシート
・4才頃まで
・体重9㎏から18㎏くらいまで身長100㎝以下
幼児期に使用するチャイルドシート、シートは前向きです。
③ジュニアシート
・4才から10才頃まで
・体重15㎏から36㎏までで身長135㎝以下
学童期に使用するジュニアシート、シートは
前向きですが、背面をとって座面だけでも使用することができます。座面だけで使用する場合は、使用時期は各メーカーによって異なりますので購入時に確認してください。
ジュニアシートは背面の付いていない座面だけでも、低価格で購入することができます。

チャイルドシートの選び方

①安全なチャイルドシートを選ぶ
日本の安全基準を満たした商品を選びましょう。安全基準に適合している商品にはEマークがついています。このマークがあるか購入の際に確認してください。

また、自マークの商品がついている場合もあります。このマークは改正前の旧マークになります。
中古品購入や譲り受ける際に確認してください。

②買い替えサイクルを考えて選ぶ
新生児から乳幼児・幼児・学童期と各時期にチャイルドシートを購入するサイクルもありますが、特に2人目3人目などを予定している方は、買い替えサイクルと購入するタイプを考えて選んでください。
最近は、新生児~乳幼児・幼児の兼用タイプや幼児・学童期の兼用タイプも人気です。

③チャイルドシートの価格で選ぶ
チャイルドシートの価格帯は、2000円くらいら60000円を超える物までとさまざまです。
安かろう、悪かろうという事で選ぶのではなく、必要な機能や大きさなどと値段も一緒に比べて選んでみてください。

④チャイルドシートの取り付け車種
チャイルドシートを購入の際取り付け可能な車種を今一度確認してください。
特に、軽自動車や輸入車などは取り付け出来ない商品もあります。
※isofixとは
「isofixアイソフィックス」とは2012年7月以降販売の新車に義務づけられた、座席にチャイルドシートを固定する専用の金具の事で、専用金具を使用することで、シートベルトを使わずチャイルドシートを取り付けることができます。なお、Isofixの有無については、所有されている車の取扱説明書や座席を確認してください。
ここからは実際におすすめのチャイルドシートの特徴と口コミをいくつか紹介します。

ディアターンプラス プレミアム アップリカ

使用期間・・・新生児から4才頃まで
2.5㎏から18㎏以下
特徴は、新生児期は横向きの平らなベッド型として利用していただけます。首の座っていない赤ちゃんにも安心して使用していただけます。その他、後ろ向き、前向きと4才頃まで利用できます。また、赤ちゃんの頭から足先まで優しいやわらかクッションで包みます。
紫外線カット率99%以上のサンシェード付きはありがたいです。
シートのリクライニングは三段階でシートが片手で簡単に回転しでき、赤ちゃんの乗せ降しもらくらく。
口コミ
・価格・機能・安産性は満足しています。
・大きめで少し重たいため、他車への乗り換えは男性の方がよいです。
・がっちりしていて無駄がなくとても機能的でいいです。
・横向きのベッド状態の頭の向きが内側になるように出来ているので安全です。
・慣れないとリクライニングと回転の操作がなかなかしにくい。

ジョイントリップ エッグショック コンビ

使用期間・・・1才から11才まで
9㎏から36㎏以下
特徴は、軽量・省スペース設計で、1才から11才頃までと長い期間使用できることです。
また、大型ヘッドサポートで頭部には衝撃・振動吸収素材を採用「エッグショック」、子供が眠ってもしっかり頭をサポートします。
通気性抜群の全面3Dメッシュシートで暑い日を少しでも快適に過ごせます。
あると便利な、左右どちらでも取り付けできるドリンクホルダー付きです。
口コミ
・長い期間使用できるので、買い替えをしないで済んで良かったです。
・とても軽量で取り付けも簡単でした。
・通気性も良くメッシュ生地なので蒸れにくそうでいいです。
・デザインもスマートで頭もしっかり守ってくれるので満足です。

Joie ジョイーチルト

使用期間・・・新生児から4才まで
2.5㎏から18㎏以下
特徴は、なんといっても比較的安価なことです。安価と言っても乳幼児から4才までしっかり使えます。リクライニングも3段階あり、専用のソフトパッドで座り心地も十分快適です。カラーバリエーションも柄も豊富でとても人気商品です。
口コミ
・値段が安かったので不安でしたが作りもしっかりしてて良かったです。
・1か月の赤ちゃん用に買いました。腰の部分を少しタオルで底上げしましが、4才まで使えるので安くて良かったです。
・カラーバリエーションと柄も可愛くて気にいっています。
・新生児には傾斜がありすぎて、苦しそうです。首がすわってからが良さそうです。

クルムーヴ スマートエッグッショック コンビ

使用期間・・・新生児から4才まで
2.5㎏から18㎏以下
特徴は、360度回転式でisofixの簡単取り付け、性能、素材のこだわったコンビ史上最高の商品です。お値段は高めですが、色々こだわりがあります。
まず、エッグショックという超衝撃吸収素材搭載し、赤ちゃんの頭と体を守ります。
吸水力抜群のタオルのようなシートでお肌に優しく快適に過ごせます。また、取り外して簡単に洗えます。大きなサンシェード付きで何とUVカットはもちろん走行音や車内の音も軽減してくれます。8段階シート調節が可能です。電動式ファンも搭載しており空気の流れで快適に過ごせます。指一本で、360度ターンとリクライニングができます。
口コミ
・値段は高いですが、初めての子供でもあったので性能重視で購入しました。360度回転も指一本で出来便利です。性能も申し分ないです。
・新生児にとても優しい作りで、高級感があります。
・サンシェードも大きくすっぽり囲めるのでぐっすり眠れています。ワンタッチで調節出来たり回転出来たり性能も良くてとても気にいっています。
最後に人気の商品4種類を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。コスパがいいもの
、性能重視のもの、長く使えるものなど、一言でチャイルドシートといってもさまざまですね。

 

お子様の年齢に合ったチャイルドシート、所有されている車の車種に適応されたチャイルドシートをしっかり選んで、お子様の安全と両親が安心できる最適な商品を選んでほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です