ベビーカーの失敗しない選び方と各商品の特徴を紹介

www.amazon.co.jp

これから生まれてくるわが子の為に、ベビーカー選びはとても重要ですが、一言でベビーカーと言っても、種類も多く生活スタイルによって選び方も異なります。

自分のお出かけスタイルにあったベビーカー探しのお手伝いになればと思います。

ぜひ、参考にしてみてください。

ベビーカー購入時期

いつ購入すればよいのか、特に初めてのお子様の出産であればとても迷いますね。

出産後と考える方も多いと思いますが、出産後は育児に追われゆっくりベビーカーを選ぶ余裕がないかもしれません。購入時期は出産後でも良いですが、購入するベビーカーは出産前に選んでおいた方が良いでしょう。

ベビーカーの種類

ベビーカーの種類には、A型・B型・2人乗り用などがあります。
まず、A型は生後1か月から使用でき、フルリクライニングできる物が多いです。両対面式も多く、性能重視で重量も比較的あるのが特徴です。

A型を購入後、成長と共にB型を購入される方も多いのが現状です。しかし、近年では軽量のA型も続々出てきており、長い期間使用できるA型ベビーカーも増えてきています。

B型は、生後3か月頃からや生後7か月頃から使用できる物が多く、A型に比べ軽量で安価の物も多いです。

また、B型よりコンパクトで安価なものを「バギー」と呼びます。

2人用は、双子や年子のお子様むけで、横並びや、改札の通れる前後の物も人気です。

近年では、トラベルシステスのお得なセットで購入することもできます。

トラベルシステムとは、チャイルドシートをワンタッチなどでベビーカーに取り付けできるシステムです。ベビーカーや車に乗ってお子様が眠ってしまう事は良くあります。起こすことなく移動できるととてもありだたいですね。

【重量】があったり、【大きめのも】のも多いので購入の際はチェックして下さい。

海外製品も人気があり、エアタイヤの3輪バギーや大容量の収納がある物、デザインがおしゃれなベビーカーなど多種あります。

A型ベビーカーはこんな方にお勧め

  • 生後すぐから使用したい
  • 車移動が多い
  • 玄関などベビーカー収納スペースがある
  • 年の近い兄弟がいて抱っこもせがまれる

B型ベビーカーはこんな方にお勧め

  • A型はレンタルする
  • 生後すぐに外出しない
  • 生後すぐは抱っこひもで対応
  • 電車移動が多くよく外出する
  • 年の離れた兄弟がいる
  • 家の周りに坂や階段が多い

ベビーカーの購入ポイント

購入の際は、お子様目線と親目線の両方を考えるのも重要です。

お子様目線では

  • 乗り心地の良さ
  • 夏の地面の照り返しにはハイシート
  • ゆったり座れる座面の広さ
  • 紫外線から守ってくれる幌の大きさ

親目線では

  • ハンドルの高さ
  • ハンドル操作が楽
  • 折りたたみが簡単
  • 軽量
  • デザイン性

など必要だと思う物をピックアップし、商品を選んでみても良いでしょう。

では、実際どんなベビーカーが人気なのか?

どんな特徴があり、それぞれのベビーカーがどのような性能なのかをご紹介します。

 

パタン ピジョン

対象月例:生後1か月~36か月頃

パタンというネーミング通り、折りたたみ時簡単にワンタッチで畳め自立し、折りたたみ高さ79㎝なので、車のハッチバックにも立てて収納できます。
A型のベビーカーの中では4.7㎏ととても軽量で、フロントガードを持てば楽々持ち運べます。抱っこ紐を併用するママ達にとっては乗せかえもスムーズに出来ます。

53㎝のハイシートもいいですね。

A型のベビーカーと言えば値段が高いイメージですが、比較的お求めやすい価格です。

気になった点を挙げるとすれば、幌が中途半端なので日差しの気になる夏は座面を覆うくらい欲しいですね。

軽量ゆえ、重量のある三輪のベビーカーと比べるとハンドルに振動を感じます。

背面のみなので、お子様のお顔を見られないのは残念ですね。

選ぶキーワードは
「A型」「お手頃価格」「軽量ワンタッチ折り畳み」です。

 

ホワイトレーベルスゴカル4キャス コンビ

対象月例:生後1か月~36か月頃

少し価格は上がりますが、A型で性能重視の方にお勧めです。

注目性能は、多重構造シートです。衝撃吸収素材に、体感温度最大―5度、湿気を吸収し素早く乾かし、大きい幌で日差しをカットしてくれます。

背面・対面にもなり、キャスターが自動で回転し小回りもききます。

ハンドルの位置も変えられるので男性でも押しやすいです。

こちらも、5㎏と軽量で55㎝のハイシート採用で、地面の照り返しを軽減してくれるのはありがたいです。

気になった点は、価格の高さ、収納するかごの深さがもっと欲しいのと、車輪が小さいので段差が上がりづらいでしょうか。

選ぶキーワード
「A型」「高性能」「軽量」です

エアバギーココ ブレーキ

対象月例:生後3か月~36か月頃

大人気のエアーバギーを紹介します。

特徴は、おしゃれなデザインと何と言っても三輪エアタイヤです。

重量は9.5㎏とありますが、押し心地が他の4輪のベビーカーとは違います。片手で押すと軽く進んでしまうほど軽く、小回りもきき、手元にブレーキも搭載されているので安心です。リクライニング時背面がメッシュになるので、暑い夏でもベビーカーに風が通ります

付属でドリンクホルダーが付いているのもありがたいですね。

二つ折になり自立します。

幌も前面が隠れるほど大きいので、日よけには十分です。三輪ですがコンパクトに作られており、改札も余裕で通れます。

気になった点は、重量くらいでしょうか。

選ぶキーワード
「三輪」「おしゃれ」「エアタイヤ」です

ポキットプラス gb

対象月例:生後6か月~48か月頃

ポキットプラスの特徴は何と言っても4.9㎏と軽量でコンパクトなことです。

折りたたみサイズがなんと、幅37㎝奥行20㎝高さ38㎝と自転車のかごに入ってしまうほどの世界最小クラスの大きさです。

旅の移動時、飛行機や新幹線の中にもコンパクトに持ち込めます。

プラスでは、お子様が眠ってしまった時もリクライニングも可能です。

旅行用や、セカンドカーしても便利な商品です。

選ぶキーワード
「4才まで」「軽量」「超コンパクト」です

 

シティトレック グレコ

対象月例:生後1か月~36か月頃

三輪なのに生後1か月から使用でき、比較的安価で小回りもききます。

特徴は収納スペースが大きいことです。スーパーで買い物をする時、かごを持ちながらベビーカーを押すのは大変ですよね。そんな時なんと、かごごと収納スペースへ入れて買い物がスムーズに出来ます。

ワンタッチで畳めて自立します。

気になる点を挙げるとすれば、幌がもう少し大きければなといった感じでしょうか。

選ぶキーワードは
「三輪」「大容量収納」です。

 

対象月例:生後7か月~36か月

B型のベビーカーの中でも最軽量の3.0㎏です。

セカンドカーとしても大人気です。

お子様をベビーカーに乗せる時もワンタッチでフロントガードが片手で開きとても便利です。

選ぶキーワードは
「最軽量」「ワンタッチガード」です。

3wheel ベビーカーLite Trax+ベビーシート+i-Anchorベース カトージ(生後1か月~36か月)

トラベルシステム対応のベビーカーです。この商品はベビーカー・ベビーシート・ベビーシートのベースが付いています。生まれたばかりのお子様をベビーシートに乗せて退院しそのまま車にワンタッチで乗せることができます。

また、車からベビーシートに乗せたままお子様をベビーカーへ移動することもできます。

ベビーシートの重量も2.9㎏と軽量でスムーズに乗せかえが可能です。

ベビーカーの性能は折りたたみも簡単で、三輪でも改札も通れる幅になっています。

選ぶキーワードは
「トラベルシステム」「乗せたまま移動」です。

 

カブースウルトラライトグラファイト Joovy

対象月例:2人乗り
前部/生後6か月~20㎏まで
後部/2.5才~20㎏まで

最後に紹介するのは2人乗りの 人気のベビーカーを紹介します。

座席は縦に並んでいて、改札も通ることが出来ます。

後部座席が特徴的で、座面を出して座ることもでき、またリアベンチに立つこともできます。

2人乗せても、スイスイ進み操作もしやすいベビーカーです。

さらに、価格もお手頃です。

選ぶキーワード
「2人乗り」「後部座席」です。

 

ベビーカーの失敗しない選び方のまとめ

8種類のさまざまな種類のベビーカーを紹介して参りましたが、皆さんの購入の参考になりましたでしょうか。沢山の種類の中から、選ぶのは大変かもしれませんが、生まれてくるお子様を想像したり、元気に生まれてきたお子様が快適にかつお使いになる方々のスタイルに合った、ベビーカーが見つかることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です