食品乾燥機おすすめ8選!

食品乾燥というとドライフルーツを思い浮かべる方も多いと思います。食品乾燥はフルーツ以外にも野菜や肉や豆類などさまざまな物があります。実際スーパーで買うと以外に高価だったり…..でも食品乾燥機があればご家庭で簡単に食品乾燥ができます。

ここでは、食品乾燥機とは?食品乾燥に適した食材、食品乾燥機の選び方などを紹介しますので参考にしてみて下さい。

食品乾燥とは?

食品乾燥とは食材を乾燥させ水分を低く保つことによって旨みが増し栄養を凝縮させ、食材を長く保存することができます。乾燥方法は天日乾燥と食品乾燥機などの機械を使用する方法があります。天日乾燥の方法は、空気が乾燥する時期の秋から冬が最適です。お天気が良く日当たりと風通しの良い場所に干します。湿気が多い室内や湿気の多い季節などはカビの原因になるので控えましょう。

食品乾燥機とは?

食品乾燥機は、フードドライヤーとも呼ばれています。天日乾燥はホコリや虫がつく心配や季節・天気・湿度などに左右されてしまいます。食品乾燥機はスライスしたフルーツや野菜などを短時間で簡単に室内にて乾燥することができる便利な機械です。

食品乾燥機に適した食材は?

食品乾燥機ではさまざまな食材を乾燥することができます。

フルーツ

みかん・バナナ・りんご・キウイ・いちご・パイナップル・レモン・桃・メロン・グレープフルーツ・ぶどう・すいか・柿など

野菜

トマト・人参・大根・玉ねぎ・ピーマン・なす・ごぼう・きょうり・レンコン・ブロッコリー・じゃがいも・さつまいも・ねぎ・キャベツ・とうもろこし・ゴーヤ・オクラ・かぼちゃなど

豆類

黒豆・豆腐・おから・など

あじ・いわし・さけ・かます・いか・たこ・貝類など

牛肉・鶏肉・豚肉・皮・レバーなど

その他

生うどん・パン・梅・もち・酒粕・かまぼこ・ちくわなど

食品乾燥機でどんな物ができる?

ヨーグルトが作れる!

ヨーグルトドリンクと牛乳とグラニュー糖でヨーグルトを作ることができます。

ペットのおやつが作れる!

牛肉やとりのささみなどでペットも食べられる無添加のジャーキーができます。

パンを乾燥させてラスク作り!

パンを乾燥させて美味しいラスクを作ることができます。

ドライフルーツティー作り!

好きなフルーツを乾燥させます。ポットに乾燥させたフルーツにお湯を注げばドライフルーツティーができます。

食品乾燥機のメリットは?

食材ロスを防ぐことができる!

食材が安いと沢山買っても無駄にしてしまうことはよくある話しですね。しかし余った食材を食品乾燥機にかければ、無駄な食材のロスを防ぐことができます。

乾燥させることで食材の旨みが凝縮される!

乾燥させることによって食材の旨みが増し、食品乾燥機を使用することによって酵素を壊さずに乾燥させることができます。

保存食として活用できる!

保存食とし長期保存ができます。また野菜の高騰時の保存食として、災害時の非常食としても活躍します。

食品乾燥機のメーカーは?

東明テック株式会社

家庭用食品乾燥機「プチマレンギ」はご家庭で簡単に食品乾燥ができます。近赤外線業務用食品乾燥機「マレンギ」は自然乾燥に近い近赤外線による乾燥で業務用として生産性も高く殺菌効果も抜群です。小型から大型まで3種類あります。

静岡製機株式会社

「ドラッピー」シリーズを製造しているメーカーです。業務用はもちろん「ドラッピーmini」は家庭用も短時間で食品乾燥できます。

ウミダスジャパン株式会社

家庭用食品乾燥機メーカーです。公式ホームページに沢山のレシピが掲載されているので参考にしてみてください。

ラボネクト株式会社

家庭用食品乾燥機「ドラミニ」を製造しているメーカーです。トレイ深さ2.5㎝4枚と4㎝2枚の6トレイセットとトレイ深さ2.5㎝6枚の6トレイセットがあります。保証期間1年付きです。

食品乾燥機を選ぶポイントは?

容量・大きさで選ぶ!

本体の大きさは重要です。ご家庭のどこに置くのか!を事前にチェックし置く場所の寸法を測り選びましょう。また、食品乾燥には時間がかかるので、本体の大きさと共に内部の容量も重要です。段数が何段でトータルどれくらいが一度に作れるか確認しましょう。

温度調節機能付きを選ぶ!

ビーフジャーキーを作る場合O 157などの感染症にかからない為63℃以上で8時間以上の高温乾燥が必要です。また、ヨーグルト作りには45℃以下と低温乾燥になります。食材によって乾燥温度も異なりますので温度調節機能付きを選ぶとよいでしょう。

タイマー機能付きを選ぶ!

食品乾燥時間は食材によってさまざまです。タイマー機能付きを選ぶと乾燥しすぎや無駄な電気代もかからず節約できます。

電力・電気代で選ぶ!

日本の家庭用電源は100Vです。海外製品は、200Vの電源もあるので購入前に確認しましょう。また、消費電力も各メーカーにより異なります。目安は肉や魚などの乾燥には500W以上を選び、果物や野菜ならば400W程度の食品乾燥機で十分です。

お手入れのしやすさで選ぶ!

お手入れのしやすさも選ぶポイントです。使用後の洗浄のしやすさ、トレイの使いやすさなどもチェックするとよいでしょう。

食品乾燥機おすすめ8選

それでは、食品乾燥機をいくつか紹介していきますので参考にしてください。

ラボネクト 食品乾燥機 ドラミニ

タイマー 1~99時間
温度調節 35~70℃
サイズ 幅43.5㎝×奥行31㎝×高さ31㎝
重量 6㎏

ラボネクトの食品乾燥機ドラミニです。家庭用100Vコンセントです。タイマーも1時間から99時間設定できさまざま食材を簡単に乾燥できます。1トレイに約500gの食材が乗せられ6トレイで約3㎏を一度に乾燥できます。

ミダスジャパン フードドライヤー

タイマー 1~12時間
温泉調節 38~68℃
サイズ 幅31㎝×奥行32㎝×高さ22~30㎝
重量 2㎏

ウミダスジャパンの食品乾燥機です。トレイが4段トレイで重量は2㎏なので移動も楽々です。使用されているプラスチックの材料はBPAフリーなので赤ちゃんにも安心です。

ユニコム 果物野菜乾燥機 からりんこ

タイマー なし
温度調節 なし
サイズ 幅31㎝×奥行32㎝×高さ22~30㎝
重量 2.3㎏

タイマーと温度調節なしのシンプルな食品乾燥機です。電気代は消費電力250Wですが1時間約5円ほどです。初めて食品乾燥機を購入する方には7980円ほどなのでお求めやすいでしょう。

東明テック 家庭用食品乾燥機プチマレンギDX

タイマー 1~99時間
温度調節 35~70℃
サイズ 幅44㎝×奥行40㎝×高さ33.5㎝
重量 6.1㎏

東明テックのプチマレンギDXの食品乾燥機です。1回で6㎏まで食材を乾燥できます。省エネタイプで独自に温度が低下した時だけ稼働し1秒間に60回温度調節します。フィルターを通して綺麗な空気で乾燥します。過電流保護装置・過熱保護装置・感電保護装置の3段階の安全装置付きです。

ロハススタイルジャパン ドライフードエアー

タイマー 24時間
温度調節 30~68℃
サイズ 幅48.7㎝×奥行35.8㎝×高さ30㎝
重量 5.82㎏

乾燥機能・送風機能・オーブン機能の付いた1台で3役の多機能調理器です。機能の切り替えや温度設定・タイマー設定がデジタルパネルで簡単に操作できます。食品乾燥のクイックモードを押せば最初の3時間は68℃で食材を乾燥しその後12時間は自動で48℃に切り替わります。このため酵素を損なわず乾燥できます。

静岡製機 食品乾燥機 ドラッピーmini

タイマー あり
温度調節 0~60℃
サイズ 幅32.5㎝×奥行38㎝×高さ48.4㎝
重量 10.5㎏

静岡製機のドラッピーminiです。省エネで電気代も1日80円ほどです。また運転音も35㏈と静かです。食材の乾燥の他お弁当食材の保温庫としても使えます。ステンレスで掃除用受け皿も付いているのでお手入れも簡単です。液晶表示&タッチパネルで操作も楽々です。重量が10.5㎏ありすぐ移動できないので置く場所は検討しましょう。

プリンセス フードドライヤー

タイマー 4~16時間(2時間刻み)
温度調節 40~70℃(5℃刻み)
サイズ 幅35㎝×奥行35㎝×高さ20㎝
重量 3㎏

35㎝の正方形のトレイが6枚付きでトレイの向きで高さ調節ができます。3つのボタンで電源・タイマー・温度調節ができます。サイズもコンパクトで重量はも3㎏と軽量なので持ち運びできます。取っ手のフタつきで角には温風を逃す穴が開いています。レシピ本付きなので届いてすぐにレシピを見ながら使用できます。

Nesco  食品乾燥機フード・ディハイドレ―タースナック

タイマー あり
温度調節 35~71℃
サイズ 幅33㎝×奥行33㎝×高さ25㎝
重量 4㎏

アメリカで食品乾燥機製造の1、2位を争うネスコ社の食品乾燥機です。消費電力600Wで温度調節も35~71℃までできます。パワーがある割にはお求めやすい価格になっています。トレイはメッシュあり2枚メッシュなし2枚付きで、トレイを外すだけで簡単に洗うことができます。便利なレシピ本も付いています。

 

食品乾燥機のまとめ
以上8種類の食品乾燥機を紹介しましがいかがでしたでしょうか。さまざまな食品乾燥機がありましたね。ご家庭により置く場所や使用頻度や使用食材も変わってくるのでどれくらいのものが必要なのかチュックは重要です。
食品乾燥機を上手に利用し、食材ロスをなくし100%無添加の食材をいつでも美味しい保存食としてご家庭で作ってみてはいかがでしょうか?あなたにぴったりな食品乾燥機を探してみてはいかがでしょうか?